新進気鋭の風俗ブログ「ともだち」は風俗ポータルサイト「フーゾクDX」が諜報員をお店へ送り込み実際にプレイをしてもらいその感想をブログにてレポート。面接にて「風俗遊びが好きですか?」という厳しい条件をパスし、思想的にも、女の子へ対する優しさと気遣いに問題なしと判断された調査員達。女の子には絶対素性をバラしてはイケないというまさに風俗007。店長さんのみが調査員と接触。と言っても、お店からのブログチェックなどありませんのでご安心を。もちろん調査員の事は女の子には伝えてません。風俗遊び、女の子選びの参考にご利用ください。

メッセージ

名前
メール
本文

ft
00264798_girlsimage_01

オフィシャルHPはココ
女の子紹介ページはココ

どうも、カラアゲ@yakitorihaumaiです。
今回は「Adamo~アダモ」さんを調査してきました。
体験してきたのは、80分コースです。

凜花~りんかちゃんを調査済みです。
仮想さんがナミちゃんを調査済みです。
ダミアンさんがジョアちゃんを調査済みです。

予定よりも早く到着したので、秋葉原を散策していたら、良さげなミラーレスを発見。
サムスン製!
前回(こちらの記事)利用したカメラを下取りに出して、別の機種を買ったのですが、いまいち。
ちょうど、新たなデジカメの購入を検討しているところでした。
韓国製品に手を出したことはなかったのですが、韓デリの直前に出会うとは、これも何かの縁か。
日本では未発売のため、手を出し難いのですが、他社の同ランク機種と比べて半額以下!
(日本語なし、輸入しないとオプションや消耗品が手に入り難いなど、いろいろ訳あり)
コンデジ以外は考えていなかったのですが、値段に釣られて思わず購入。
レンズ交換は不要だけど、問題はバッテリーが無くなったとき。
Amazonにもなかったので、そこだけが不安だったけど、今のところ問題なさそう。
持ち運びを考えると、普段使いには向いておらず、これを買っても、コンデジは別途必要。
完全な衝動買いでしたが、値段を考えると良い買い物ができました。(そう思いたい)

散策を終えて、鶯谷へ。
最近は日暮里駅を利用することが多かったので、鶯谷駅で下車したのは久しぶりでした。
トイレに寄ろうとしたら、北口側は工事中。

hie011

かなり前から、やっている気がするのですが、いつ終わるのでしょうか。
時間に余裕があったので、南口側のトイレに行ってから、いざホテルへ。

ホテルは、P-DOORホームページ)を利用しました。
サービスタイム(6:00~17:00の間で最大11時間ご利用)で、4,200円。
こちらは、祝日の前日も、祝日の料金体系が適用になるのでご注意を。

hie001

部屋は208号室です。

hie002 hie004

hie009 hie005

hie008 hie003

部屋番を連絡したら、10分程度でチャイムが。
前回同様、早い到着でした。
やって来たのは、「明~メイ」ちゃんです。

00264798_girlsimage_02



=嬢ステータス=

ルックス:普段はわかりませんが、私が会った日は濃い目のメイクでした。
なので、誰に似ているかは、よくわからず。
ケバいわけではありません。
丸顔で鼻筋が通っており、肌は色白。
ショートカットの金髪なので、髪型は「彼女はキ〇イだった」のときのコ・ジ〇ニ。

wyy001

年齢:20代中盤~後半だと思います。
大学3年生と言っていたので、もう少し若いかも。
まあ、細かいことは気にしない。

性格:日本語で話しているときは、積極的に話してくるタイプではありませんでした。
韓国語では普通におしゃべりしていたので、性格というよりは言葉の問題だと思います。
今後、慣れていけば変わっていくかもしれません。

言葉遣い:聞き取りは問題ないですが、話すのは、まだまだ勉強中です。
翻訳アプリはなくても大丈夫ですが、ゆっくりと話してあげたほうがいいです。
語彙に偏りがあるので、話題によっては、まったく通じません。

オッパイ:天然のC~Dカップくらい。
乳首や乳輪は、大きすぎず小さすぎず。

体型:肉付きが良く、ムチムチとしているので、抱き心地は非常に良いです。

アソコ:毛は少しだけ処理してありますが、具の周りにも生えています。
ビラビラは小さめ。

喫煙:吸いません。



「アンニョンハセヨ」

いきなり、韓国語で挨拶。

「日本語は?」

「ちょっとだけ」

聞くほうは、かなりできるようですが、話すほうは、止まることが多かったです。
最初は日本語で、途中から韓国語での会話になりました。
長話をするのでなければ、日本語のみで問題ないと思います。

tyh001
※イメージ

恰好はこんな感じで、立っている状態だと、白シャツしか見えませんでした。

「それ、下は何履いてるの?」

チラッとシャツを捲ると、黒短パンが。
シャツの下はブラジャーだけで、チラチラと谷間が見えます。
これは、スケベの予感。
荷物を置いたら、並んで椅子に腰を掛ける。

「その格好で来たの?寒いでしょ」

「暑がりだから平気。これでも少し暑い」

これは、脱がしてということか?
ボタンに手を掛け、外していくと、

「おっぱい見たいの?」

そりゃ、見たいですよ。
一番下まで外したら、シャツを脱ぐ。
色白で、キレイなおっぱいです。
ブラジャーに短パンという姿。

「バランス悪いから、下も脱ごうか」

「なにそれ(笑)」

そう言いながらも、自ら短パンを脱ぎ脱ぎ。
下着姿のまま、しばらくおしゃべり。
一段落したところで、歯磨きをして、シャワーへ。
脱衣はセルフ。

hie007

<シャワー>

洗い方が、ものすごく丁寧でした。
ゴシゴシではなく、なぞる様な優しい手つきで、耳の裏やお尻の割れ目まで。
時間をかけて、全身をキレイに洗ってくれました。
シャワーでの流し方も、これまた丁寧。
背中側を洗ってもらっていると、

「お尻がガッチリしてる。お兄さん、運動してるの?」

「たまに草野球とかやるよ。この時期はバッティングセンターに行く程度」

「ポジションは?」

「守備位置とかわかるの?」

「うん」

スポーツの話ばかり書いていますが、自分からその手の話題を振ることはしません。
ただし、相手が興味がある場合は、饒舌になります。
好きだと判明したので、野球トークの開始。
徐々に野球から話がずれて、チアリーダーについて語っていると、

「野球より、チアリーダーが好きなの?」

NPBやMLBは違いますが、KBOに関しては、そうかもしれません。
ちなみに、台湾プロ野球のチアも大好き。
アジアプロ野球チャンピオンシップは、もちろんチア応援シートで観戦!(試合はちゃんと見ますよ)

「前にチアリーダーに似てるって言われたことある」

なにっ!?

じっくりと顔を見てみるも、まったく思い浮かばない。

「誰だろう?」

「名前はわからない」

「見たらわかる?」

「たぶん」

風呂から出て、ベッドに入ったらスマホで検索開始。
とはいえ、チアリーダーという情報だけで調べるのは無理な話です。
しかも、私が会った日は濃い目のメイクだったので、顔がハッキリしません。
普段なら諦めているところですが、このときは、どうしても気になったので、必死に検索を続ける。
いろいろ遠回りをしながらも、有名どころに絞って情報を引き出すと、衣装の特徴からLGツ〇ンズだと判明。
そこからは、とんとん拍子に進んで、答えにたどり着く。

「わかった。この子でしょ?」

ctr001

チョン・〇ヘの画像を見せると見事正解!
ここまで書いてなんですが、化粧の仕方が違うので、似ているのか、よくわからなかったです。
メイクから受ける印象は大きいですね。
ただ、輪郭や顎元の雰囲気は近いものがあり、そこでピンときました。
上の画像は、そうでもないのですが、アングルによっては、たしかに似ている気もします。
(加工が必要なので、他の人がなるべく写っていない写真を選んであります)
気分がすっきりしたところで、ムスコのほうもすっきりさせてもらうことに。

<キス>

ちょっとだけ、照明を暗くしてから、プレイ開始。
添い寝をしながらのキス。
軽く動かす程度ですが、こちらからの舌を拒否することはありません。
奥まで舌をねじ込むと、それをチューチューと吸う。
単調だけど、唇を動かして強弱を付けていました。
激しさはないけど、進んでキスをしてくることもあり、嫌いではないようです。

<オッパイ>

巨乳というほどではありませんが、天然なので柔らかい。
声は出ませんでしたが、モミモミすると、目を閉じて感じているような表情。
乳首を指先で弄りつつ、舌でペロペロ。
チューチュー吸うと、少しずつ勃起。
ベロンベロンと激しく舐めると、若干、吐息が漏れ始める。

<69>

具の周りにも毛が生えている素晴らしいマンコ。
ビラビラは小さめで、ちょっと指で開くだけで、パックリと割れ目がオープン。
毛が生えていても、舐めやすいです。
メイちゃんのほうは、手コキから。
ちょっと大きくなってきたところで、パクっと咥える。
最初は口の中で舌を動かすだけ。
勃起すると少しストロークもありましたが、吸い付きは弱い。
はっきり言うと、下手でした。
バキュームとまでは言わないけど、もう少し吸ったほうが気持ち良いよとアドバイス。
そこから、フェラの練習のようなものが始まる。
いろいろなパターンを試しながら、どうしたら気持ち良いか、反応をうかがってくる。
手で根元を抑えながら咥えられると、おもわず声が出てしまった。
それが良いとわかったようで、掴みながら、奥のほうまでストローク。
しばらく続けられると、フル勃起。
私の好きなポイントを教えたので、気持ち良いのは当然ですが、短時間でテクニックが上達しました。
素晴らしい!

<韓流素股>

ビンビンに勃起したところで、そのまま正常位素股で突入開始。
先っちょで、入口をグリグリと責める。
挟み込みが強力で、かなりキツイ。

「んっ」

控えめだけど、可愛い喘ぎ声。
ゆっくりとピストン運動をするも、かなりキツキツ。

「指でやってイイよ」

「大丈夫なの?」

「優しくなら平気」

韓デリは指入れが苦手な子が多いですが、OKが出たのでやることに。
濡れていなかったので、潤滑油を調達。
顔の前に手を差し出して、

「唾液ちょうだい」

「どうするの?」

「このままだと痛いかもしれないから、ローションの代わり」

唾を出すのが恥ずかしいようで、目を瞑りながら出していました。

「少ししか出ないよ」

上手く出せず、少量でした。
私の唾液でも良いけど、それでは面白くない。
ペットボトルの水を渡して、

「ちょっとだけ、口に含んで」

どうするのか、わかっていないようだったので、

「飲んじゃダメだよ」

水を含んだままキスをする。
舌を絡めていると、水が唾液と混ざって、トロトロになっていく。
口の中が唾液でいっぱい。
人肌くらいまで温まったところで、手に出しもらう。

efp001
※イメージ

今度は大量に出ました。
それをマンコにヌリヌリしたら、じっくりと責めていく。
クリの辺りを指で弄ると、

「んっ」

と小さい声を出す。

「気持ち良い?」

「うん」

「じゃあ、指入れるよ」

ゆっくりと進入。
第二間接くらいまで入ったところで、指の腹で軽く押す程度に動かしていくと、ギュッと締まる。

「痛くない?」

「もうちょっと強くても大丈夫」

少しずつ奥まで進んで、中指を根元まで入れる。

クチュクチュ

いやらしい音が聞こえます。
濡れるまでは時間が掛かりましたが、濡れ始めると一気にビショビショ。
ピストン運動のように、前後に動かしたり、奥で指を曲げて、上のほうを突くと、

「アッアッアッ」

素股のときには出なかった、激しい声で喘いでいました。
嬉しいような悲しいような。
まあ、気持ち良さそうに感じてくれたので、良しとします。

再び、素股の開始。
ほぐす程度の軽い指マンでしたが、ヌルヌル効果でスムーズに進入。
とはいえ、キツめなのでムスコへの圧迫感は強い。
我慢しても、長くは持たなさそうなので、全力で腰を振り振り。

パンパンパンパン

「んっんっ」

指マンのときほどではなかったけど、それなりに声は出してくれました。
すぐに限界が近づいてくる。
どこに出すかを確認したら、発射に向けて、スピードアップ。

パパパパパンッ!

「逝くよ」


「うん」


ドピュドピュドピュ

トンネル内でフィニッシュ!
脱出後、トンネルからオイルが溢れてくるも、拭くことなく、ぐったりとしていました。
動けなさそうだったので、拭き拭きしてあげながら、様子を聞いてみると、

「最後が気持ち良すぎた」


途中までは、そうでもなかったということですが、最後は本当に気持ち良かったとプラスに考えます。
声は大きくありませんが、感度は悪くないようです。

私は汗びっしょりだったのですが、それを拭いてくれました。
腕枕をお願いされたので、しながら、まったりとお話しタイム。
シャワーを浴びたら、お着替え。
最後にハンドクリームを塗ってくれたのですが、サッとではなく、時間をかけて指の一本一本まで丁寧に。
ホテルの前でお別れして終了。

[支払額]

80分コース 20,000円


[まとめ]

始めたばかりで不慣れということもあり、プロっぽさは皆無です。
演技とかは、一切なし。
基本的に受け身なので、責めるのが好きな方には良いと思います。
テクニックはまだまだですが、向上心はあるので、教えてあげる楽しみもあります。
ムチムチっとした体型なので、抱き心地は抜群。
イチャイチャプレイという感じではなかったのですが、終わった後は、腕枕を求めてきたりして、甘えん坊なところもありました。
プレイではないのですが、シャワーでの洗い方が印象的でしたね。
表現が難しいのですが、とにかく優しい手つきが良かったです。

韓国語中心での会話になりましたが、ちょっと話すくらいなら日本語で問題ないと思います。
長話は、まだ難しそうです。
呼び方だけは、韓国語で話しているときでも、「オッパ」ではなく「お兄さん」でした。

今回が初来日で、私が会った時点で、数日前に来たばかり。
今年中に帰ると言っていたので、長くても二か月くらいの滞在でしょうか。

rank-4+


(五段階評価)


この調査レポートはあくまで個人の感想なので、プレイ内容はありのままをリポートしています。青唐辛子アイコンは、激ホットな濃厚サインですが必ずしも青唐辛子を保証するわけでもありません事をご理解ください。



―風俗体験ブログ「ともだち」とは―

風俗ポータルサイト「フーゾクDX」が一般調査員達を お店へ送り込み実際にプレイをしてもらいその感想をブログにてレポート。女の子には絶対素性をバラしてはイケないというまさに風俗版007オペレーション。店長さんのみが調査員と接 触。とは言っても、お店からのブログチェック、修正などは確実にございませんのでご安心を。もちろん調査員の事は女の子には伝えてません。受付にて「ともだちブログ見た」と言って頂けるとその日一番の女の子をつけてもらえる可能性高し!?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
口コミ体験レポート検索
最新コメント
スマフォで口コミを読む
QRコード